Newsletter 2021/02 vol.42

2021年ももう1ヶ月が経過。
今月も活動状況を報告させて頂きます。コロナ禍でオンラインで面談したり、コミュニケーションを行うことにスタンダードになり、スケジュールを見ていたら先月は思っている以上に多くの人とお会いしていたことに気づき、ちょっと驚きました。

アンケート調査について

アンケートにご協力ありがとうございました。
2回目の首都圏を中心に緊急事態宣言が出され、在宅ワークが増えて、前回の時と同じように在宅ワークと育児の両立に苦しむ人が増えることを懸念し、在宅ワークと育児をテーマに先月中旬から月末までの期間にアンケート調査を実施しました。皆様のご協力により、77名の方(女性24名、男性53名)にご回答をいただきました。アンケート調査を実施した背景には、法人向けに従業員を対象に産前産後に関するサービスを提供しようとしたときに、現代の子育て世代の世界観と企業が想定している子育て世代の世界観とのギャップがあり、同じ「子育て」という言葉でもイメージするものが違っているのではないかという仮説があったからです。現在子育て中で仕事をされている方から具体的にコメントでもご意見を伺い、現実の課題を認識することができました。今、アンケート結果を集計してますが、傾向としては、女性より男性の方が、在宅ワークにより負荷が高まっているような傾向がある感じがしています。その理由は、今回のアンケートに協力いただいた8割くらいのパパは非常に育児に積極的に参画している人であり、通勤していたときよりも、在宅ワークになってより一層家事、育児に参画する機会が増えたからだと所感を持っています。これからより詳細に考察をしていいきますので、今後発表させて頂ければと考えています。

音声SNS「clubhouse」の衝撃

1月下旬くらいから「clubhouse」というアプリが話題となり、roomを開設することで、リアルに会話が簡単にできるようになりました。このroomを医療従事者や子育て支援をしている方、ママ自身が解説し、気軽にいろんなテーマについて話し、情報が交換されるようになりました。直接、子育てに奮闘しているママやパパの声を聞けるようになったことは、非常に大きな変化で、衝撃でした。
ただ子育てに関するroomの多くはママを対象とするものが多く、「パパ歓迎」と書いていても、実際に入っているのはほとんどがママで、男性であるパパは少数です。この構図を変えていかないと子育ての課題は解決しないと思うので、自分たちの活動を多くの人に伝え、パパの戦力化とパパをサポートする必要性を訴えていこうと思っています。
この音声SNSは気軽に雑談できるだけに、ダラダラとのめりこんでしまう危険性が高いと思うので、個人的にはそこそこで留めておこうと思います。

「産後(の)うつ」「育児うつ」を防止するために

これまでも何度か企画を説明してきた産後のメンタルヘルスに関するソリューションの実証実験を行う計画を進めています。この実証実験を行うにあたっての詳細なプランについては近日中に発表させて頂きますので、お待ちください。
3月くらいにクラウドファンディングを企画したいと考えていますので、ご協力よろしくお願いします。

Newsletter 2021/01 vol.41

新年あけましておめでとうごうごいます。
本年もよろしくお願いします。

昨年はCOVID-19の感染拡大により、様々なことが大きく変化した1年であり、これまでの仮説を試行錯誤することができた1年であり、大きなチャンスを感じる1年でした。今年はその試行錯誤で得た知見を、より具体的にカタチにする1年であり、ビジネスとして立ち上げる1年にしたいと考えています。そんな思いをメンバーと共有するため、元旦から事業計画を討議する時間を得て、スタートしました。
今年取り組む3つのテーマについてご説明します。

1.出産・育児に関して「パパ」をケアする仕組みにこだわる

今の子育て世代は、ママとパパと二人で子育てをすることが前提です。これまでのようにパパはママをサポートするという補助的な役割ではなく、パパも主体者となって出産・育児に関わっていくことが当たり前という風潮になってきています。しかしながら、初めての出産・育児はママもパパも初めてのことばかりで、知らないことばかりです。「○○すべき」と言われても、できないことは当然であり、そんなできないことを周りに相談できない状況を改善する必要があると考えています。

また、出産・育児はこれまで女性が行うことであるという前提でいろんな仕組みができていますが、前述の通り夫婦二人で子育てをする前提に変わったことで、「ママ」だけでなく、「パパ」も含めた視点で考える必要性があります。この「パパ」という視点は、株式会社こそらぼを起業した時からずっとこだわってきた視点であり、より一層こだわって考え、広く外部へと発信していきたいと思います。

2.「産後うつ」の予防に注力する

COVID-19で活動が制限され、外出も制限されたことで、出産、育児の孤立が進み、年末のレポートでは「産後うつ」に罹患している人は通常10%ですが、昨年は20%まで上昇しているとありました。また、企業は在宅ワークを推奨することで、ワークスタイルを変革することでプラスの効果もありますが、育児と仕事の両立という難しさも顕在化しており、メンタルヘルスに影響がではじめています。

出産・育児に関するメンタルヘルスの課題に関して、自分たちでできることは何かを考えた時、治療はできないが、ITと専門家とのネットワークを活かすことで、予防はできると考えたので、それをまずカタチにして、本当に「産後うつ」を予防できるか、またどうすれば「産後うつ」にならずにすむのかを考えていきたいです。

3.経験と勘を可視化(データ)し、分析可能な状態にする

少子化の問題を考える時、夫婦間の「コミュニケーション」がキーになります。出産、育児はこれまで経験と勘で行われてきたため、アドバイスする人によっても言うことが違うし、その状況によっても対応が異なるため、これが正解と言うこと難しい領域です。そして、出産、育児はこれまで女性が中心に行ってきた背景もあり、女性が状況に応じて判断し、対応してきました。しかし、夫婦二人で出産、育児をするようになると、「共有」が必要になり、「コミュニケーション」の重要性が高まります。その時に求められることが、「なぜ?」という論理性です。実生活において、論理とか言うと、すごく面倒臭い感じがしますが、ここで言いたいことは、状況を説明するときに「なんとなく」ではなく、「こうだから」というストーリです。そのストーリを説明するときに、一般化されたお互いが認識できるものがあれば、よりコミュニケーションが円滑にできるのではないかと考えています。この一般化するための1つの手段が、いろいろな育児のやり方を記録し、分析可能な状態にすることだと考えています。これを「産後うつ」のテーマと合わせて、まずはチャレンジしていきたいと考えています。


今年はなんとかして「0→1」の壁を越えたいと思っています。
多くの人たちに相談させて頂く機会が増えると思いますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

Newsletter 2020/12 vol.40

今年も師走。
1月から中国が何やらCOVID-19で大変というニュースから始まり、あれよあれよと日本だけでなく、世界に広がり、仕事も生活も全てが一変しました。そんな1年でしたが、株式会社こそらぼとしては大きく動いた一年でもありました。

1)母乳と赤ちゃんの免疫の関係を調べるための共同研究を開始
昭和大学との共同研究により、昭和大学病院で出産されたお母さんと赤ちゃんに協力を頂き、初乳(生後3日)、移行乳(生後14日)、成乳(生後30日)をサンプルとして提供いただきました。またその時の赤ちゃんのうんちもサンプルとして提供頂き、メタゲノム解析を実施しました。またそれと同時に、アンケートにも協力頂き、母乳とメンタル(産後うつ)に関しても相関がないかと考え、分析を行いました。
結果としてはサンプル数が少ないため、決定的な因子が見つかったわけではないので、継続的にサンプルを採取し、相関関係を見つけていければと考えています。

2)COVID-19に関する論文調査
1月後半ごろからCOVID-19が中国で感染が拡大し、日本にもその影響が出始めた頃に、ライフサイエンス分野に関わる有志が集まり、情報収集及び交換をするようになりました。そして、COVID-19が周産期にどのような影響が出るのかについて、国際的な論文が発表されるようになった頃に、その論文をWordpressのDBに登録し、時系列に閲覧できるようにしました。毎日、医療従事者の方は患者さんに向き合っているので、論文をいちいち探す必要がないように、また何か素人でも協力できることはないかという思いで論文を探しては登録していきました。

3)「東京里帰らない人応援プロジェクト」
3月くらいから病院はCOVID-19の対応でバタバタしていた頃、立ち会い出産、面会の中止など出産についても状況が一変していきました。また産前産後の実母の支援が実家へ帰ること、実家から自宅への移動が制限され、妊産婦の孤立、育児の立ち上げの困難を懸念し、東京都の開業助産師と一緒に急遽プロジェクトを立ち上げ、支援に乗り出しました。
実際に困っている人へのアクセスは初めてであり、非常に多くのことを学ぶ機会になりました。その1つはあまりにも助産師という職業が一般の人、特に産前の人たちに認知されていないこと。2つめは新しいサービスを認知することの難しさ。3つめは産前教育の必要性と出産育児においてパパは大事な戦力であるということ。
またこのプロジェクトを立ち上げて活動したことで、寄付や支援を頂きました。人のつながり、気持ちに感謝です。

4)助産師さんたちの活動を支援
「東京里帰らない人応援プロジェクト」は東京都の助産師の方たちの活動で、それ以外にもCOVID-19で助産師の活動のオンライン化が急速に進み、Webサイトの立ち上げをサポートしてり、オンライン両親学級の予約管理(CRM)のシステムのサポートをしたりしました。それにより具体的にどのような業務、データの管理項目を把握することができたので、助産師が利用するためのケア記録システムを作るためのイメージがしやすくなりました。緊急事態宣言により在宅テレワークが中心になり、いつでもサポートできる環境であったので、正直非常に支援しやすい環境でした。

5)始動Next Innovator2020
COVID-19で産前産後ケアも一気にオンライン化が進み、オンライン両親学級やオンラインイベントが広がり、それに関わっていたこともきっかけとなり、経済産業省が主催する「始動Next Innovator」に応募し、参加することになりました。解決したい社会課題を整理し、ビジネスとして解決することを最終的に事業計画書とピッチにより発表するというプログラムです。このプログラムの講師陣が今の日本でトップレベルの人たちで、毎回刺激的なテーマでレクチャーしてもらうことができるという贅沢な時間でした。また参加者も大手企業の新規事業を考えている人やスタートアップで勢いがある人が集まっており、この仲間も刺激的な人ばかりでほんと楽しい時間でした。何よりもこのアルムナイはすでに600名もいるというから、アイデアの宝庫であり、貴重なネットワークであり、通称「始動マフィア」というらしく、大きな財産を得た感じです。
残念ながら、シリコンバー選抜にはなりませんでしたが、出産、育児の課題をメンバー100人に発信し、メンターやスタッフの方数十人に発信する機会を得たことは大きいと思っています。また、「少子化」という新たなテーマを追加し、考えることになったことは自分自身にとって新たな気づきであり、グローバル化へのチャンスだと感じています。

今年もまだビジネスモデルを検討する時間に費やし、マネタイズまではいきませんでしたが、ステークホルダとの関係、マーケットに関する距離感は確実に近づいたし、自分たちの立ち位置を発信できる関係ができてきたと実感できた一年でした。

2021年はいよいよマネタイズ、ビジネスとしてスタートできるように頑張ろうと思います。今年1年ご協力ありがとうございました。そして来年もよろしくお願いします。

Newsletter 2020/11 vol.39

“法人向け「パパもケアする助産師」による男性育休準備セミナー“のコンテンツ化

出産、育児の課題解決を考えていると、産前に課題を認識し、準備する仕組みが作れないかと悩んでいました。始動でメンターをされている方と討議させてもらったときに、この課題をクリアできそうな示唆を頂きました。それは産前に企業が開催する育休に関する社員むけの説明会とコンテンツです。最近、「男性育休義務化」の議論もあって、非常に関心度が高いテーマでもあるので、コンテンツをきっちり作ることで、産前の人たちに訴求できるのではないかと期待しています。

そもそも「男性育休義務化」について

今話題になっている「男性育休義務化」の議論、多くの人は誤解しているように思います。議論されている内容は、

“企業は育休取得対象者に対して、取得する権利があることを必ず説明する義務がある”

ということです。つまり、子どもが産まれたら必ず育休を取らなければならないというものではありません。あくまで企業から男性社員へ育休を取得することができるということを説明することを義務化するという内容になります。

なぜ、男性(パパ)が育休を取る必要があるのか?

一言で言うと、家庭内の体制不足。
産後の女性(ママ)はすぐに動くことができないため、赤ちゃんのお世話、ママの身の回りのお世話を誰かがする必要があるからです。現代は核家族の世帯が多いため、ママが動けないのであれば、パパが動くしかありません。

およそ7割の人は産後に実家へ帰り、実母や家族に身の回りのことをしてもらうため里帰りをします。しかし、晩婚・晩産により親の高齢化が進んでいるため、実家を頼ることも年々難しくなってきており、ますます自分たち夫婦でしなければならない状況になってきています。また今年はCOVID-19の影響で産前産後の里帰りを控え、実母を自宅に呼び、サポートしてもらうことを控えるケースが増えました。

二人で育児をスタートするもう1つの課題

実はママも赤ちゃんのお世話は初めてであり、パパも初めてと言うことです。

つまり、二人とも赤ちゃんのお世話をやったことがない中で、育児がスタートします。まさに「ぶっつけ本番」で、この生命を生かさなければならないと言う「プレッシャー(重圧)」を感じ、常に臨戦体制となり、休まる瞬間がない日々が続きます。

ここでのポイントは二人とも初めてと言うことを認識することと、そしたらどうしたら良いかを事前に考えて、準備しておく必要があります。しかしながら、事前にこの課題を認識し、事前に準備することはかなり難しいのが現実です。

大きなチャンス、企業の「男性育休義務化」の議論

前述の義務化の議論で、企業が育休を取得する権利があることを従業員へ説明しなければならないと言う文脈から、企業は制度だけを説明するのではなく、具体的に育休を取得して何をなければならないか、またなぜしなければならないかを説明する機会にすることで、産前にリアリティを持って準備の必然性を理解できるのではないかと考えています。また、もし自分たちでうまくいかない時は誰に相談すれば良いかもインプットすることで、事前に対策を講じておくことができます。

次に、誰から伝えるかがポイントであり、それを私たちは「(当然ママはケアできる)パパもケアする助産師」から伝えることができれば、効果が大きいと考えています。

今後の展開について

現在、企業が社員に対して育休取得に関する制度を説明しているセミナーの内容を精査し、それに代替する内容と実際に育休を取得して具体的に何をしなければならないかを説明する内容を追加し、妊娠期の今、どんなことに困っているかを「パパもケアする助産師」がインタラクティブに相談できる環境を提供できるように準備を進めています。

「パパもケアする助産師」からセミナーでお話するテーマ(企画中)

・育休制度および手続きの説明
・妊娠、出産におけるからだとメンタルの変化について
・育休中、どんなことをしなければならないかのか
・妊娠、出産、育児で困ったとき、どうすれば良いか

年内に数社、実際に企業向けにセミナーを実施させてもらいコンテンツの評価を得て、次年度より本格的に展開をしていきたいと考えています。

お願いごと

現在企画を進めているセミナーを実際に検証目的で実施させて頂ける企業を募集しております。もしご協力、ご紹介を頂ける企業があれば、ご連絡をよろしくお願いします。

Newsletter 2020/10 vol.38

すっかり秋になり、そろそろ今年も終盤になってきたところで、少し私たちの動きをカタチにしていろいろなことを試していきたいと思っています。特に、今年はCOVID-19によって、いろんなことが一気にかわり、その変化したことでよかったこともありますが、まだまだ顕在化してない課題も多くあると思っています。だからスタートアップにとっては大きなチャンスであり、アグレッシブに動いていきたいと考えています。
そのうちの1つが下記でご紹介する実証実験です。

妊娠・出産・育児に関する実証実験に関するご協力依頼

概要
従業員およびその家族を対象に、妊娠・出産・育児をサポートするために、助産師によるセミナーや個別相談の機会を提供することで、ぶっつけ本番、重圧の中の育児による大変さを緩和できるのではないかと仮説をもって、事業化に向けて準備を進めています。

背景
COVID-19による緊急事態宣言が出された後、在宅ワークで未就学児のいる過程では、精神的な負担が高まり、国際的な基準で鬱と診断されてもおかしくない人が57.6%だったと東京大学の研究チームが報告しています。子どもがいる家の中で仕事を四六時中行うことはかなりのストレスであり、仕事に集中できないためパフォーマンスの低下、さらには環境を変えたいという思いからの離職などのリスクが高まっています。

仮説検証
このような状況に対して、企業は従業員に在宅ワークをという前に、妊娠・出産・育児に関する支援施策を考える必要があるのではないかと考えています。従業員に明確な施策を出して、従業員を支援することを意思表示することで、従業員のモチベーションやロイヤリティが高まるのではないかと考えています。

実証実験
妊娠・出産・育児について、助産師が講師となり、従業員およびその家族を対象にオンラインでセミナーを行います。また個別に助産師にオンラインで相談することができる機会をご提供します。もし個別に自宅へ訪問してケアをしてほしいなどの要望があれば、助産師のネットワークを通じて、信頼できる地域の助産師を紹介し、対応することも可能であり、対応します。このような取り組みを企業が行った場合、従業員に喜んでもらえるか、また在宅での仕事と育児の大変さを周りの人たちも理解し、仕事のやり方が変わるかどうかを検証したいと考えています。


実証期間:3ヶ月程度
参加者: 1社あたり10家族程度
対象者: 妊娠・出産・育児に関係する従業員とその家族
費用: 別途相談
用意いただくもの:特になし

もしご興味ある方がいらっしゃったら、ぜひご連絡お願いします。

なぜここで助産師か?について

そもそも助産師とは

助産師というとお産をする人、産婆さんのイメージが強く、実際のところ身近に助産師を知る機会がないため、ほとんどの人はその役割を知りません。

助産師は、看護資格を取得した後、2年ほど専門の教育機関で学んだのちに取得する国家資格です。そして、医師と同様に開業権をもっていて、自ら助産院を開業することができます。日本では助産師として活動している人は36,000人ほどいて、その内2,800人が開業助産師です。日本の出産は99%が医療機関で行われていて、助産院はわずか1%しかいません。

助産師の仕事、役割は何?

助産師は何をしているかについて説明します。お産だけでなく、産後ケア、新生児ケア、婦人科健診、家族計画など、女性の一生を健康に保つために必要なことを多岐にわたって対応しています。お産において産婦人科医と助産師との役割がなかなかわかりづらかったりしますが、基本的には医師はCure(治療)する役割で、助産師はCare(ケア)する役割であるため、妊娠、出産、育児など多面的に対応することが求められています。

つまり、助産師は妊娠・出産・育児に関するスペシャリストであるので、産前から助産師と関わることできっちりしたアドバイスを受けることができ、疑問に思うことをストレートに聞くことで課題がクリアにすることができます。

また、産後、家庭で育児がスタートした時に自宅に助産師が訪問し、沐浴や授乳のやり方がわからない時、実際に目の前で赤ちゃんをケアする方法を教えてもらうこともできます。誰も始めての時はできないのが当たり前であり、ひとりで悩まずに助産師との関係が産前からあれば、産後気軽に相談できることで気分が楽になるのではないかと考えています。

このような思いは現時点ではまだまだ仮説ですので、冒頭に実証実験を行うことで、仮説を検証し、有効性を確認していきたいと考えていますので、実証実験にご協力を頂ける企業を募集します。

ぜひご興味ある方、よろしくお願いします。

Newsletter 2020/09 vol.37

「バリュー」の定義

8月の夏季休暇を利用ミッション、ビジョン、バリューを定義してみました。Plug and Playに参加した時に、ミッションとビジョンが決まりましたが、バリューは曖昧なままでした。こそらぼは何を価値として提供するのか?つまり、こそらぼに何を期待して良いのかを明確に説明できていないことに気づき、考えてみました。

私たちのバリューは、「子育てを科学し、多様な「チーム育児」を支援する」です。

経験と勘、慣習や思い込みが多い育児の世界を変えるために、男性視点を入れることを、科学的な視点と考え、今まで当たり前と思っていたことに疑問を持ち、実はこちらの方が良いのではないかと提言し、選択肢を増やすことをしていきたいと考えています。そして、ビジョンで定義しているように、社会で協力して子どもを育てることができるようにという思いから「チーム育児」という言葉を入れています。

バリューを定義するにあたって、いろいろ考えていると、寄り添うという「ホスピタリティ」という視点を非常に強く意識するようになりました。サイエンス、テクノロジー、ホスピタリティという3つの視点を大事にすることで、育児の課題解決に向けてチャレンジしていこうと思います。

ミッション:男性が子育てに参画すれば、社会が変わる
ビジョン:協遊・協育・協創
バリュー:子育てを科学し、多様な「チーム育児」を支援する

次はチーム

ミッション、ビジョン、バリューを定義することができたあとは、共感する仲間を集めるタイミングに来ています。まだプロダクトがなく、課題を解決するための方法をモノで見せることができない時に、こそらぼはどんなことを実現したいのかをシンプルに表現できないと伝わりません。だからバリューを定義することは非常に重要なことであり、思いを込めて作りたいと思ったので、この一文を作るために1週間かけました。

ちょっとした変化の兆し

最近、いろいろお問い合わせをいただく機会が増えています。
そして、私たちが課題と考えていること、それをどのように解決しようとしているかを1時間くらいかけて説明させていただきます。ピッチイベントだと3分とか5分とかで説明することが求められるため、なかなかうまく伝えきれないことが多くあるので、じっくり話を聞いて頂けることは非常にありがたいと思います。
みなさんから「応援しています」と言って頂けます。この言葉、ほんと嬉しいですね。