Newsletter 2022/11/01 vol.63

毎年、秋から年末にかけてビジネスコンテストやアクセラレータプログラムが多く開催されますが、今年は積極的にエントリーしようと思い、応募しています。
その中でも、今年大一番だった11月1日に開催された「Awaji Well-being Week ビジネスコンテスト2022」について、報告させて頂きます。

パソナグループさんが主催する「Well-being」をテーマに、からだ・こころ・きずなに関するビジネスコンテストで、「きずな」をテーマにファイナルに選抜頂き、淡路島へ訪問してきました。
淡路島も途中の神戸も10年ぶりぐらいで、少し新鮮な気持ちで過ごすことができました。
淡路島、神戸からのアクセスもよく、海もきれいで、ほんと素敵なところでした。

大きなステージでリアルにピッチをさせて頂ける機会は、本当にスタートアップにとって成長の機会を頂けて、感謝しかありません。ピッチをするために、制限時間5分で、自分たちが実現したいことを、相手に伝えて、共感してもらうために、何が必要かを真剣に考えるからです。それをすることで、事業の解像度が格段に上がり、シンプルな言葉で事業を説明できるようになります。

そして、ステージに立って、人前で自分の言葉で発することは、すごく緊張しますが、それもなかなかできる経験でないことなので、貴重な経験です。(終わった後は、疲労困憊で、動けなくなるので、体力が必要ですが)

今回のピッチの目的は、淡路島で「産ケーション」の実証するために、パソナグループさんに協力してもらうことを伝えることでした。この目的は、淡路島で実証に協力してくれることになりそうであり、達成することができ、非常に満足しています。

ピッチの結果は、残念ながら受賞することはできませんでした。

しかし、審査員の方から共働き育児の課題について、「共感しかない」とコメント頂けたことが、本当嬉しかったです。これまで、子育ての課題を何度かピッチしてきましたが、男性の審査員の場合、「そんな課題あるの?」と言った反応が多く、共感を頂くことはなかったので、だから、今回「共感しかない」とコメントは涙が出るくらい嬉しかったです。

来年は淡路島で「産ケーション」の実証をすすめていきます。

実際に、ビジネスコンテストに参加して感じたことは、パソナグループさんが淡路島を「健康島」にしたいという思いは、社長自ら発信し、行動しており、本気であることがよくわかりました。そして、その思いに共感する企業やアカデミアの専門家たちが、淡路島に集まり、どのように実現するかを真剣に話し合っていたことで、よくわかりました。

そんな熱い思いを持つ人たちと、是非とも社会課題解決に向けて、一緒に活動し、課題解決をしていきたいと強く思ったイベントでした。

そして、応援に淡路島へ来て頂いた方が、本当にありがとうございます。

こそらぼの現在地をリアルで見て欲しく、お声がけさせて頂き、快く会場に来て頂いたこと、本当に感謝しております。更なる高みを目指してアクセルを踏んでいきます。

まだまだ年末までイベントがたくさんありますが、また報告させて頂きます。

Newsletter 2022/10/01 vol.62

10月のNewsletterの発信が、月半ばになってしましたが、今月も報告させて頂きます。

毎年、秋から年末にかけてビジネスコンテンストやアクセラレータプログラムが開催されます。昨年はこれらの応募を控えていましたが、今年は積極的に応募しています。今のところ、3件応募して、2件一次審査(書類)を通過しました。ようやく課題に対して、ビジネスで解決するモデルがまとまってきたという感じです。

その2件のうち、1つを報告します。もう1件はまだ情報解禁になっていないため、すいません。

Awaji Well-being Week ビジネスコンテスト2022

https://www.pasonagroup.co.jp/awaji_well-being_week/contest/

パソナグループさんが主催する「Well-being」をテーマに、からだ・こころ・きずなに関するビジネスコンテストで、「きずな」をテーマにファイナルに選抜頂きました。11月1日に開催される淡路島の会場でピッチさせて頂くことになりました。

今回は、「産ケーション」を淡路島で実証したいと訴えに行ってきます。
久しぶりのピッチで、これまでピッチは惨敗が続いているので、入念に準備をして、聞いて頂く方々の心がどうすれば動くかを考え、挑みたいと思います。

実際に、産ケーションは11月中旬に那須で2組の家族に協力頂き、実証実験を開始することになりましたので、これから盛り上げていきます。

「産ケーション」とは、日常を非日常空間である別荘に移して、家族と生活し、自宅で感じる仕事、育児、家事のストレスを、あの手この手で軽減していくサービスです。そして、さらに地域交流を通じて、子どもたちに体験を提供していく計画です。

日本フェムテック協会について

https://j-femtech.com/

認定フェムテックシニアエキスパート講座(日本フェムテック協会認定資格1級)で、

出産、育児は男女共通の課題というテーマで、出産、育児を当事者だけでなく、社会の全員が自分ごととして考えてもらえるように、講義させて頂く予定です。

日本フェムテック協会の認定資格1級は、講座を受講した後、論文とプレゼンを行うことをアウトプットとしているので、結構内容は固めなカリキュラムになっています。
フェムテックに関する知識を深めたい方、ぜひ1級にチャレンジしてみて下さい。

(1級チャレンジしたい方は知人割引があるあるので、DM下さい。)

日本フェムテック協会認定資格1級
https://j-femtech.com//femteracy_licence1.html

いきなり1級はハードルが高いと思われて、ちょっとフェムテックに興味ある方は3級からチャレンジしてみて下さい。Webで簡単に受講できるので、そこから興味を広げていただければと思います。

日本フェムテック協会認定資格3級(15問)

https://j-femtech.com/femcare-l/certificate/l3/

コロナによる行動制限が緩和されてきたので、いろいろリアルでも活動できるようになってきたので、精力的に活動していこうと思います。

これから年末、これまで計画してきたことを、一気に動かしていきますので、また報告させて頂きます。ご協力よろしくお願いします。

Newsletter 2022/09/01 vol.61

Newsletterも今回で6年目に突入!

Newsletterを書き始めた頃、自分たちに何にできるのか、どうすれば事業になるのか迷いながら、何もできていないが思いだけは常に伝えたく、毎月の活動内容を配信することだけを決めてスタートしました。現在もまだ迷いながら、どうすれば事業になるのかを考えているのは変わりませんが、社会の環境も共働き育児に目を向けてくれるようになり、男性の育児参画もかなり進んできたので、自分たちが考えていることに理解を示し、協力してくれる人が増えたと感じています。これは自分たちの努力というより、外部環境の変化による影響が大きいとは思いますが、社会課題を解決するできるのであればと思い、この流れにのっていきたいと思います。

「育児は男女共通の課題(仮称)」本はほぼ完成

5月下旬から書き始めた本は文章も図も大体完成しました。
ただ伝えたいことや伝え方はもっと冷静になって、掘り下げて考える必要があると感じています。もう少し細部に手を入れていきたいと思っているので、本当の完成にはもう少しかかります。年末に向けて、いくつか講演の相談を頂いているので、その時に話す内容ともリンクさせながら、ブラッシュアップしていきます。

もし今の共働き育児で感じている問題や話題があれば、まだ本に追加することができるので、個別にご連絡を頂ければ追加しようと思いますので、ご協力お願いします。

「coe(こえ)」に関するクラウドファンディング第2弾を計画

11月から「coe(こえ)」を持続可能なサービスにするため、月額寄付型のクラウドファンデイングを開始する計画をしています。昨年ご協力を頂いたクラウドファンディングで、300名の妊娠期から子育て中のママ、パパを支援しますと宣言し、現在260名を超えました。目標通り300名を超えた後、月額寄付型のクラウドファンデインングでご支援をお願いしたいと考えています。またご支援のお願いをすることになるかと思いますが、その時はご支援をお願いします。

これから年末にかけていろんなことを企画し、実証する計画をしているので、ご協力をお願いする機会が増えるかと思いますが、よろしくお願いします。

Newsletter 2022/08/01 vol.60

暑い日が続きますが、夏という感じですね。

このNewsletterも遂に60号となり、丸5年続けることができました。
まだまだ試行錯誤が続きますが、これからも頑張ります。

NEXs TOKYOに採択されました。

NEXs TOKYO(https://nexstokyo.jp/)とは、東京都が主催する広域展開を支援するスタートアッププログラムです。東京で創業し地方へ、また地方で活動していて東京への両方をサポートしてくれるプログラムです。地方から東京に来られる方々と丸の内にあるコワーキングスペースで交流することが可能となり、「coe(こえ)」を全国の地方自治体へリアルな接点を活用して、発信することが可能となりました。また、大きなホワイトボードがコワーキングスペースにはあり、リアルでホワイトボードを利用しながら討議することが可能となります。ぜひ、コロナが落ち着いたら、丸の内でホワイトボードを使って、ディスカッションしましょう!楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

「育児は男女共通の課題(仮称)」本は9割ぐらい

概ね順調に文章を書き上げ、本になりそうな状態まできました。
いろいろ改めて考えていると、あれも言いたい、これも言いたいということが増えているので、これから伝えたいことを整理しながら、校正をしていきます。世の中が子育てに関心を持ってもらえるようになってきたことで、法律や制度などが変わり、社会も変わり始めているだけに、思いをしっかり伝えていきたいと思いますので、ぜひいろんな意見をお伺いできればと思いますので、こんな内容は書かれているか、こんな制度や仕組みがあるけど、知っているかなど、ご連絡いただけると、折角なので、ぜひ本に入れていきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。

「coe(こえ)」について

毎月コンスタントに20名ほど新規に登録頂き、250名ほどサポートさせて頂いています。
この調子で行くと、今年の10月ごろには昨年クラウドファンディングで掲げた目標300名を突破できる予定です。目標を達成できたら、次は出産、育児の孤立を社会のつながりで防ぐ仕組み「coe(こえ)」を持続可能なサービスにするために、月額支援型のクラウドファンディングを企画させてもらおうと考えています。こちら詳細が決まれば、ご案内させていただきますので、引き続きご支援お願いします。

まだまだ暑い日が続きますが、体調に気をつけて頑張りましょう!

Newsletter 2022/07/01 vol.59

6月末に梅雨が明け、夏本番。
暑い日も自宅でリモートワーク、何とか冷房を付けずに頑張っています。
(いつまで続くかは未定です)

「coe(こえ)」が「健やか親子21」に登録される!

6月末、厚生労働省が展開している「健やか親子21」に「coe(こえ)」が登録されました。ここに登録されたことで、地方自治体に活動するとき、少しはプラスになるのではと期待しています。「健やか親子21」に登録されたことで、少し「coe(こえ)」の利用者が増えたので、効果ありと勝手にワクワクしています。

健やか親子21(厚生労働省)

https://sukoyaka21-data.jp/search/projects/2923

「育児は男女共通の課題(仮称)」本の制作状況について

5月末から本の制作を始めて、1ヶ月。
大体言いたいことが文章になり、9割くらい文字にすることができました。
何となく本と言える感じになってきました。最も言いたいことはこれから文章にするので、いよいよ佳境です。

本になる前に、いろいろ意見を聞きたいことがあるので、討議に協力してくれる方、絶賛募集中です。こちらからお声がけさせて頂きますが、もしご興味ある方、ご連絡ください。この機会に、いろんな意見を反映し、子育ての課題を解決するアイデアをまとめて、実際に解決する活動に結びつけていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

今秋のイベントに向けて

秋のイベントラッシュに向けて、「coe(こえ)」をアワードやアクセラレータプログラムに可能な限りエントリーする戦略を実行中です。6月から8月の間に、7-8件エントリーする計画で動いています。採択されるかはわかりませんが、より多くの人に自分たちの活動を認知してもらい、一人でも多く協力者と出会えればと思っています。

自分たちの活動をはじめての人にわかりやすく伝えるために、本を作りながら、文字にしてみて、確認すると言うサイクルで、もう一段高みに上がるための準備を進めています。

今年の年末には、何か1つアワードが取れるといいなぁと思い、後半戦頑張ります。

Newsletter 2022/06/01 vol.58

またまた本を制作することにしました。

今回のテーマは、「共働き育児は男女共通の課題」とします。

今回は、出産、育児でWell-beingを実現するために、社会を構成するそれぞれの立場で何をしなければならないかを考えようと思っています。そして、多くの人たちに現状を知ってもらい、異分野でコラボレーションすることで、全く新しいアプローチで課題解決したいと思っているので、出産、育児に今は関係がない人でもわかりやすく、状況を説明するようにしようと思います。
また、育児だけでなく、少子化の課題についても掘り下げて行けたらと考えています。

もしこんなテーマを討議したいとか、こんなこと書いた方がいいのではないかと意見があれば、ご連絡ください。

3年ほど前に一度チャレンジしましたが、そこからまた3年活動し、特にコロナ禍でいろんなことが動き始めたこともあり、このあたりでこれまでの活動を振り返ること、これからやりたいことを文章にして、多くの人たちに知ってもらいたいと言う思いが強くなったので、本を制作することにしました。

前回のタイトルは「The First Diet for Life」とし、赤ちゃんにとって最初の食事である母乳についてあまりに知らないことが多かったので、自然科学、社会科学の側面から母乳および授乳、そして出産、育児を取り巻く課題についてまとめてみました。

(参考)noteマガジン:男性も「おっぱい」について学ぶとき
https://note.com/cosolab/m/m51847b7c0471

何社か出版社を回りましたが、反応がイマイチだったので、出版は諦めて、冊子として印刷して、名刺がわりに配布することして、配布しました。

もしご興味ある方、ご連絡ください。まだあと少しは在庫があります。

今回も出版できればと思っていますが、まずは原稿を書くことに集中します。
9月ごろには完成を目指していますので、できたら報告します。
いろいろヒアリングさせて頂くと思いますので、ご協力をお願いします。

今月は決意表明でした。

Newsletter 2022/05/01 vol.57

今年はゴールデンウィークを10連休にして、休養を意識して過ごしました。

年明けからかなりストレスフルな生活だったので、連休前半は何もせず身体の回復に努め、後半にはかなり疲労感が抜け、復活しました。

頭がスッキリしたところで、連休中、「DX CX SX」(八子知礼著)を読み、子育てとデジタル、そしてビジネスの関係を整理してみました。

「DX CX SX 挑戦するすべての企業に爆発的な成長をもたらす経営の思考法」
八子知礼著

この著書では、デジタル技術を活用することで、現在の事業をアップデートし、デジタルな事業へと変革する必要性とその方法論を解いています。現状を「DX1.0」とし、デジタル化することを「DX1.5」、さらにDX1.5を活かして「デジタルツイン」を実現し、リアルなことをデジタルな空間でシュミレーションを行い、新しい価値を提供することを「DX2.0」と定義しています。

この考え方に基づいて、こそらぼの現状を整理してみました。

  • DX1.0  

出産、育児および子育て支援は、子育てで大変な人たちを助けてあげたいと思っている人がたくさんいますが、子育ての当事者から大変ということが発信されにくく、育児が始まると目の前のことで精一杯となり、助けを出しづらいため、子育ての当事者と助けたいと思っている人や事業者とをマッチングできていない課題があります。また、子育て支援は、リアル対面を基本とした手を差し伸べるタイプのサービスや事業が多いため、支援できるエリアが限定的で、広域で提供するという発想があまりありません。

このような課題に対して、「coe(こえ)」を提供したことにより、子育て当事者と応援団とをLINEを通じてデジタルでマッチングし、コミュニケーションをデジタル化したことで、エリアという概念を超えることができました。そして、地方自治体の協力を得ることができたことで、子育てに関するステークフォルダーをデジタルで繋ぐことも可能になりました。

・DX1.5
「coe(こえ)」を通じて、子育て当事者である利用者と応援団がテキストで会話することで、会話の内容をデータで蓄積でき、分析が可能な環境ができました。
今後は、会話の状況から、虐待や産後うつの予兆を応援団が察しつつ、その会話のデータから「喜怒哀楽」の状態を層別化することで、虐待リスクや産後うつの発症リスクなどを会話のコンテクストから予測可能になると考えています。このあたりの開発を次は設計していきたいですね。

  • DX2.0

「coe(こえ)」の利用者と応援団のコミュニケーションから虐待や産後うつのリスクを評価できるようになれば、その次にやるべきことは、デジタル技術を活用したリスクに関する可視化とソリューションの開発であり、これがまさに新しい事業へのチャレンジとなります。これは以前から検討を進めている母乳の状態から健康状態を評価できないかというアプロートであり、母乳の状態から抑うつ状態がわかれば、従来の自己申告や問診などのアナログなアプローチでなく、「coe(こえ)」の会話から抑うつ状態を察し、母乳を検査することで、「少し休憩したほうが良い」というドクターストップをかけることができ、深刻な状態にならずに済むのではないかと思います。
また、コミュニケーションをデジタルにしたことにより、地域に限定して活動している子育て中の人たちを応援したいと活動している人や事業者に誘導することが可能になり、なかなかマッチングできない課題も解消できるのではないかと考えています。
これだけではデジタルツインとはならないため、DX2.0の世界についてはもう少し掘り下げて考える必要があり、まだ考えるべき課題が残っています。

これまで出産、育児の課題をイノベーションで解決すると言いつつ、なかなかイメージを伝えることができずに苦戦してきましたが、DX2.0という考え方をもとに、頭を整理したことで、かなりクリアになりました。

これからやるべきことは、これまで考えてきたことと変わりませんが、構造的に整理することができたので、より多くの人たちを巻き込み、スピードを加速できるのではないかと、ちょっとワクワクしています。

ほんと前進あるのみ!そして、「coe(こえ)」の利用者が増え、この整理した考え方をもとに、DX2.0の世界を現実のものしたいと思った連休でした。

Newsletter 2022/04/01 vol.56

いよいよ4月。
今年はノートに活動計画を書きながら、毎月どのように過ごすかを考えて、行動しています。いくつかのテーマが並行して進んでおり、その中でも新しいテーマが「離島に子育てを学ぶ」です。産前産後に起こる課題解決も重要なことであり、この課題解決はこれまで通り取り組んで行きますが、そもそも子育ての課題の先にある課題は何だろうと考えた時、少子化という問題が近いところにあるが、まだあまり踏み込んで取り組んでいる人が少ないテーマだなぁと思っていたところ、出生率の高いところ、低いところの資料をみて、興味をもったことがきっかけとなり、実際に行動を起こしてみることにしました。

離島に子育てを学び、少子化を考える

実は今も離島は出生率が高く、今回訪れた多良間島(沖縄県)は数年前まで3.0を超えていました。そんな離島になぜ出生率が高いのかを学ぶことで、日本の少子化対策に関するヒントがあるのではないかと思って、多良間村の伊良皆村長に会いに行きました。
多良間村は宮古島から西へ60kmほど行ったところにある離島で、人口1124人です。この多良間村は、内閣府が発表している1980-2000年の20年平均の出生率が3.15で日本一の出生率が高い自治体とされています。また、「日本で最も美しい村」にも選ばれている村です。

多良間村は、多良間島と水納島から構成されており、宮古島から飛行機かフェリーで行くことになります。

今回、多良間村に提案してみた内容は、こんな感じです。

妊婦健診をオンラインで

多良間村には診療所はありますが、病院がないため、妊婦健診は2ヶ月に1度、宮古島へ行くことになります。健診と健診の間を、オンラインで助産師がサポートしたり、両親学級なども開催することで、出産育児をサポートするモデルを、オンラインを活用することで実現することで、島民の出産育児の不安をサポートするモデルは成り立つかを提案しに行きました。また、通常、妊婦健診に関しては沖縄県が14回分の検診チケットを配布しているので、実際に健診で利用するチケットは半分くらいで、残りの半分をチケットを活用することで自治体としての新たな負担はなしというところがポイントになります。

地域の濃い関係とオンラインの緩い関係

離島は人間関係が濃密で、みんなでいろんなことができる反面、すべてみんなが知っているという状況になり、あまり周りに知られたくないことを気軽に相談できる関係がないということが課題ではないかと考えています。直敵的な関係でない、間接的な関係で相談できる「coe(こえ)」のニーズがあるのではないかと思い、提案してみました。

研究テーマとして、離島に子育てを学び、少子化を考える

本題であるこのテーマについて研究を進めたいので、協力をお願いできないかと打診してきました。現時点で多良間村は以前のように出生率が高くはなく、人口減少が進んでおり、出生率がなぜ下がっているかを調べる必要があるという課題をお伺いしました。多良間村の子どもたちは中学を卒業すると、島に高校がないため、高校進学のタイミングで島を離れてしまい、その後戻って来ないため、人口減少が進んでいます。人口減少を止めるためには、島外に出ていかなくても教育を提供するか、島外からの移住者を増やすかの政策が必要となります。そのためには島の魅力を外部へ発信する必要があり、そのためには何が魅力かを理解する必要があり、多良間村の魅力を掘り下げるところから考える必要がありそうです。多良間村には、「守姉」という風習があります。「守姉」とは10歳くらいの女の子が兄弟や姉妹でない赤ちゃんの面倒を見るという仕組みです。子どもの時に赤ちゃんのお世話をすることは、自分が子どもを育てるとき、ぶっつけ本番にならずにすみ、今まさに現代の都市での子育てに欠けていることです。

この多良間村は現在も都会の出生率と比較すると、2人を超えているので、出生率は高い方であり、学ぶべきところはたくさんあります。
調査研究のテーマとしては、出生率が高い理由と出生率が低下した理由の2点であり、多良間村としてどんな魅力があり、それをどのように発信するかを考えることがアウトプットとしてのゴールとなりそうです。

今回の宮古島に数日滞在していたので、実は宮古島市の健康推進課にも飛び込みで訪問し、「coe(こえ)」の紹介に行ってきました。新規の飛び込み営業って何年ぶりだろうと思いながら、窓口を訪問し、「coe(こえ)」の説明をして、窓口でチラシを案内してもらえないかと相談してきました。チームの中で検討してみますとのことでしたが、いきなりの訪問者だったので、どうなるかわかりませんが、一つでも多くの自治体で案内してもらえるといいなぁと思っています。