社会で産前産後ケアを考える重要性について

現代の子育ては、晩婚、高齢出産、共働きで、核家族という環境で行われており、様々な問題が複雑に絡みあって起きています。

晩婚・
晩産(高齢出産)

共働き

核家族

出産後、お母さんたちがは、出産前に他の子どものお世話をした経験がなく、我が子を育てなければならないというプレッシャーにさらされています 。

ぶっつけ本番

責任(重圧)

その結果、育児がうまくできているか不安であり、ずっと緊張状態が続いていると精神的に影響が出やすい状況になります。

気分の落ち込み

イライラ

その主な原因は、授乳が確立できない焦りと、周りを頼りたいのに頼れる人がいないということがあります。

・授乳が確立できない焦り

・頼りたい人が頼りにならない

社会課題として産後のお母さんたちを社会がしっかりケアする必要があります。

産後うつ
8%
(およそ7万人)

産後1年未満の自殺
40-50人
(死亡原因1位)

幼児虐待の増加
母親が加害者 60%

思想信条
おっぱい右翼
おっぱい左翼

下記の3つのことが産後のお母さんたちをケアする時に足りていないことであると考えています。

私たちは、産後におけるこれらの3つの足りない要素を解決するために活動しています。

SOLUTION

母乳ドック
母乳の状態を、アカデミアと協力し、赤ちゃんの健康という観点から評価するための基準を策定し、母乳の状態を評価できる仕組み

パパもケアする助産師
産前産後、ママもパパも信頼できる助産師(医療従事者)に、スマホを介していつも繋がることができる仕組み

The First Diet for Life Project
「男性が子育てに参画すれば、社会が変わる」ということを実現するために、みんなで議論できる場を作り、行動しながら、より子育てしながら仕事がしやすく、生きやすい環境を作るための活動