The First Diet for Life Project

男性が子育てに参画すること、つまりは社会で子育てをするようになるには、いくつものハードルがあり、私たちだけでは越えることができません。だから一緒に考えて、行動してくれる仲間が必要と考えています。

「The First Diet for Life」本の制作
男性が授乳や母乳というテーマに意見をすることが難しいが、子どもの人生にとって非常に大事なことだと考えたので、「The First Diet for Life」という言葉を作り、人生最初の食事をテーマに誰でも議論できる環境を作りました。
また本書は「おっぱい」について書いていますが、お母さん向けのハウツーではなく、自然科学と社会科学の観点からおっぱいについてまとめているので、誰でも読むことができる内容になっています。

(書籍Web販売はこちら)

今後の活動
学校教育において生きていくための教育がすっぽりと抜けてしまっている印象があります。大家族や地域コミュニティがあった時代は必要な時に必要な内容を教わることができたと思いますが、核家族で地域コミュニティがないところで育った世代はそのような機会がないままに、年齢がきたから社会人となり、なんとなく時期がきたから結婚や妊娠、出産、育児と流れてしまって、ぶっつけ本番になっているように思います。事前に、結婚や出産、育児について学ぶ機会があれば、少しは心の準備ができ、自分で何をしなければならないかを考える余裕ができることで、子育ての課題や負担も多少は軽減できるのではないかと考えています。

・調査レポートの報告
・勉強会
・セミナー など